ストーカー続編

この記事はフィクションです。株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

ルベカからの連絡

前回の話を読み直す場合は下記リンクへ

ストーカー現る!?

ぷくみとラッキーがケーキを食べている

ピロロロ・・・ピロロロ・・・♪(電話の呼び出し音)

ラッキー『ぷくみ、電話鳴ってるよ。』

ぷくみ『ほんとだ~、だれかな~?』

ある日のお昼を過ぎた頃、ぷくみのお家に一本の電話が鳴り響きました。

しかし、15時のおやつの時間なので、ぷくみは居留守を試みることにしました。

電話が鳴る

ピロロロ・・・ピロロロ・・・ピロロロ・・・ピロロロ・・・ピロロロ・・・ピロロロ・・・♪

(電話の呼び出し音)

電話の呼び出し音は、けたたましく鳴り響いて、きれる気配がありません。

ぷくみ『ずっと鳴ってるね~。』

ラッキー『出た方がいいんじゃないの?』

10コール、20コール・・・。

出るまで絶対に諦めないという、発信者の決意を感じさせます。

おやつ中のぷくみは、とうとう重い腰をあげて、電話のところに向かいました。

電話に出るぷくみ

ガチャッ・・・(電話にでる音)

1

R1

R2

R3

R4

2

5

R6

3

R7

R8

ガチャッ!ツー・・・ツー・・・(電話が切れる音)

おやつが食べかけのぷくみは、今からと聞いて、顔を曇らせました。

しかし、一方的に用件を告げたルベカは話を続けた後、電話をガチャ切りしました。

さすがに名探偵だけあって、まるでこちらの行動が透けて見えているようでした。

困った顔をするぷくみ

ぷくみ『ルベカがね~、今すぐ来てだって~。』

ラッキー『何か進展があったのかな?』

ぷくみ『そうかな~?』

ぷくみ『残りのおやつは帰ってから食べることにする~。』

食器棚にケーキを隠すぷくみ

ぷくみは空き巣に盗まれないよう、食器棚の奥に、食べかけのクイックケーキを隠しました。

不安なので、お金が貯まったら鍵付きの食器棚を買おうと決意しました。

探偵衣装に着替えるぷくみ

ぷくみ『ルベカとお仕事するときは着替えないとね~!』

ラッキー『やっとやる気が出てきたみたいだね。』

ストーカー事件の解決のため、ぷくみは前回と同じく、探偵用の衣装に着替えます。

名探偵の助手を務めるためには、欠かせないことなのです。

気合入れて家を出るぷくみ

ぷくみ『よ~し、いくぞ~!』

ラッキー『あい。』

愛用の虫メガネを持って、探偵衣装に着替えました。

衣装により、ぷくみのかしこさが少しだけアップしました。

町を歩くぷくみとラッキー

ぷくみ『今日は探偵日和~♪』

ラッキー『ごきげんになったね。』

犯人がわかるかもと思ったぷくみは、上機嫌で町の外に向かって歩きだしました。

西門を出て、馬車に乗り、それから連絡船でレーンの村を目指すことにします。

馬車に乗るぷくみとラッキー

ぷくみ『こんにちは~』

ぷくみ『レーンの村まで行きたいの~』

ぷくみ『行けるとこまで連れてって~!』

馬車のおじさんに運賃の100Gを支払いました。

持ち合わせが少なかったので、ヒヤッとしましたが、何とか帰りの運賃はありそうです。

ぷくみとラッキーはレーンの村に向かいました。

 レーンの村

レーンの村に到着するぷくみとラッキー

馬車と連絡船を乗り継ぎ、ぷくみ達はレーンの村にたどり着きました。

村を歩くぷくみとラッキー

ぷくみ『だいぶ時間かかっちゃったね~。』

ラッキー『遠かったよね。』

用意に時間がかかり遅くなってしまったので、ルベカが怒ってないか不安になりました。

あせるぷくみは、小走りルベカのお家に向かいます。

ルベカに挨拶するぷくみ

ぷくみ『おまたせ~!』

ルベカ『遅いよ、ぷくみ!』

ぷくみ『ごめんね~、着替えに時間かかっちゃった~!』

ルベカ『しょうがないわね。』

語りだすルベカ

ルベカ『じゃあ、さっそくだけど本題に入るわ。』

ぷくみ『おっけ~!』

ルベカ『前回もらった資料を調査したら色々な事がわかったの。』

ルベカ『まずはこの手紙!』

ルベカ『この赤い○のところに注目して!』

〇がついた手紙

手紙の話を読み直す場合はリンクへ ぷくみの誕生日

ルベカ『わかる?』

ルベカ『これは、差出人のなまりが出ているの。』

ルベカ『手紙では巧妙に隠しているけど、普段はなまりがある人物だと思うの。』

ぷくみ『ほんとだ~!』

ラッキー『気がつかなかったね。』

考えるルベカ

ルベカ『書き方は紳士的だけど、知らないうちに文面に出てしまったのね。』

ルベカ『身近な人物で、話し方に特徴がある人には要注意ね!』

ぷくみ『そっか~!』

ぷくみ『でもそういう人いたかな~?』

ラッキー『なまりのある人・・・。』

説明するルベカ

ルベカ『それと他にもわかったことがあるの。』

ルベカ『これは、前回預かった証拠写真なんだけど・・・』

ぷくみ『どれ~?』

〇がついた写真1

ルベカ『この写真の〇の部分に注目したの。』

手紙を見せるルベカ

ルベカ『4ヶ所にあるイスの跡と足あとを分析してみたの。』

ルベカ『イスの重量をaとして、その沈み具合から、足あとbの値を計算してみたの。』

ルベカ『すると、bの総重量がおおよそ80kgと算出されたの。』

煙が出るぷくみ

ぷくみ『むずかしい~。』

ラッキー『犯人の体重を推理したみたいだね。』

あまりにも難しい話になってきたので、ぷくみの頭から煙が出てきた気がしました。

ルベカ『前回預かったこっちの写真も見てみて。』

ファイル1

ルベカ『身につけている装備はパラディンチェインね。』

ルベカ『装備の総重量を差し引くと、この人物の推定体重が予測できるわ。』

説明を続けるルベカ

ルベカ『おそらくこの人物の体重は、60kg程度と推理できるわ。』

ぷくみ『なるほど~!』

ラッキー『たいしたものだね。』

ルベカ『それとまだあるの!』

ルベカ『つぎはこの写真の〇の部分に注目して。』

〇がついた写真2

ルベカ『これは、窓についていた手形の写真ね。』

ルベカ『この手形の大きさと指紋に注目したの。』

ルベカ『サイズから、最初は人間の子どもの手形かと思ったんだけど・・・。』

ルベカ『指紋を拡大分析すると、右流プク巻環状紋が見られたの。』

ルベカ『これは、プクリポに多く見られる指紋の一種ね。』

推理を話すルベカ

ルベカ『それと、これは私の想像なんだけど・・・。』

ルベカ『おそらく、頻繁に覗きをする人物だと目にも特徴があると思うの。』

ルベカ『睡眠不足や目の使いすぎで、目のまわりにくまがあったりするかも?』

ぷくみ『くま~!』

ラッキー『くまがあって、なまりがあるプクリポ・・・。』

この真実いただきます!

ルベカこの真実 いただきます!!

ルベカ『以上から踏まえて、私がプロファイリングした人物の特徴を教えるわ!』

ルベカの調査レポート

①種族はプクリポ。

②身長は大きめ。

③大剣とパラディンチェインを愛用。

④話し方に特徴がある。(なまりや方言など)

⑤目のまわりにくまがある可能性あり。

⑥心配性で優しい、もしくは粘着系。

イスに座って話すルベカ

ルベカ『今までの資料から判明した犯人像はここまでね。』

ルベカ『あとは、新たな証拠があればまた調査を再開するわ。』

ぷくみ『どうもありがとう~!』

ラッキー『少ない資料から、これだけ推理するのはさすがだね。』

ルベカ『気をつけてね、ぷくみ・・・。』

ルベカ『何かあったらすぐに連絡するのよ!』

ルベカからの調査報告を受けたぷくみ達はレーンの村を後にしました。

馬車と連絡船を乗り継いで、帰宅することにします。

 帰宅後の話

町に戻ってきたぷくみとラッキー

ぷくみ『やっと着いた~!』

ラッキー『遅くなったね。』

家に到着するぷくみとラッキー

ぷくみ『あれ~?鍵が開いてる~!』

ラッキー『閉め忘れたんじゃないの?』

ぷくみ『そうかも~?』

テーブルに食べかけのケーキ

ぷくみ『あれれ~、おかしいな~?』

ラッキー『たしか食器棚に片付けなかった?』

片付けたはずのクイックケーキが、テーブルの上に置かれていました。

家を出る前に食器棚にしまった気がしたぷくみは、不思議だな~と思いました。

部屋に違和感を感じるぷくみ

ぷくみ『片付け忘れたのかな~?』

ラッキー『出るときバタバタしてたからね。』

ぷくみ『そうだ~!夕飯前に食べちゃおう~!』

出かける前のクイックケーキと違い、かじられたような歯型があります。

でも、そんな細かいことを気にしないのはぷくみの持ち味です。

ぷくみは探偵衣装を脱ぎ捨てて、いそいでパジャマに着替えました。

温かいアップルティーを淹れ、クイックケーキに手をつけようと思ったそのとき・・・。

チャイムが鳴る

ピンポ~ン・・・ピンポ~ン・・・♪(チャイムの音)

ラッキー『誰か来たね。』

ぷくみ『誰だろう~?こんな時間に~?』

夕飯前で慌ただしいのに~と思いつつ、ぷくみは部屋のドアを開けました。

外にむくっぴが立っている

むくっぴの初回登場記事を読みなおす

むくっぴ『おばんわぁ~』

むくっぴ『おら、むくっぴてもんだ~。』

むくっぴ『今日がらむこの家さぁひっごすできただ。』

ケーキをもらうぷくみ

むくっぴ『よがっだらこれさぁくっでけんろ~。』

むくっぴ『づまんねぇもんがもしんねえがひっごすの挨拶だ。』

引っ越しのご挨拶に、わざわざ手土産を持ってきてくれました。

隣人とのつながりが希薄になった世の中なのに、とても素敵だとぷくみは思いました。

御礼を言うぷくみ

ぷくみ『どうもありがとう~!』

むくっぴ『よろすくたのむだぁ。したっけなぁ~!』

ペコリとおじぎをして、むくっぴさんは去っていきました。

なまりはすごいけど、いい人が引っ越してきて、よかったなとぷくみは思いました。

部屋にケーキを持ち帰るぷくみ

ラッキー『誰だったの?』

ぷくみ『お向かいに引っ越してきたんだって~!』

ラッキー『声だけ聞こえてたけど、すごいなまりだったね。』

ぷくみは、さっそくもらった品を開けてみることにしました。

箱を開けるぷくみ

ぷくみ『わぁ~!クイックケーキの盛り合わせだ~!』

ラッキー『おいしそうだね。』

開けてみると、おいしそうなクイックケーキが、箱いっぱいに入っていました。

偶然なのか、ぷくみの大好物を入れてくれるなんて気が利くな~と感心しました。

ぷくみ『いい人が引っ越してきてうれしいね~!』

ラッキー『よかったね。』

幸せそうにケーキを食べるぷくみとラッキー

ぷくみ『おいし~!!』

ストーカー事件の犯人像もしぼりこめたし、優しそうな隣人が引っ越してくるし、

クイックケーキをほおばりながら、幸せいっぱいのぷくみでした。

※アンケートはお一人様1回まで有効です。


1日1ポチっと応援よろしくお願いしま~す!
(やる気がぐんぐんみなぎるよ~!)

ツイートする

Twitterをフォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. PP より:

    ぷくみ不足です…
    新しい…新しいぷくみを早く…!!

    高画質ぷくみ楽しみにしてます(*≧∀≦*)

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      お待たせしてごめんね~(・・;)
      遅れたのには訳があるの~(;’∀’)
      すぐに更新するよ~!

  2. ぷくこ♪ より:

    ストーカーさん,ついにお向かいに引っ越ししてきたのねw(^^)
    またピンチの時に守ってくれたらいいね~(^^)
    リアルのストーカーは,怖すぎるけどw

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      クイックケーキくれたからいい人だよ~(*’ω’*)
      また何か持ってきてくれないかなぁ~(*´﹃`*)

  3. まめ より:

    おやつの時間は居留守(笑)
    調査が進んで良かったですね。
    って、引っ越してきたいい人、犯人像に似てないか、手土産に気を取られ警戒してないぷくみちゃんにツッコミ!
    これからのストーカー続編で違う展開になるのかな?
    楽しみにしてます♪

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      おやつの時間に電話する人は非常識だと思うの~(ง `ω´)ง
      犯人が見つかるまで調査は続けるよ~!(‘ω’)

  4. 匿名 より:

    ぷくみはアホかわいいなぁ

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      少しだけアホだけどたまに大活躍するんだよ~(;’∀’)
      今後にこうご期待~(๑•̀ㅁ•́๑)✧

  5. 匿名 より:

    いい人がご近所さんになると嬉しいですよね^^
    おうちに帰ることも楽しみになっちゃいます

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      ご近所さんがいい人だと安心感あるよね~(‘ω’)
      世間話してるだけでどんどん時間が過ぎちゃう(*´ω`*)

トップへ戻る