グレンのキーエンブレム

グレンのキーエンブレム

 グレン城下町

こんにちは!

2つめは、グレンのキーエンブレムを狙おうと思います。

さっそく、グレン城下町に向かうため、電車に乗ることにしたよ。

グレンのキーエンブレム

電車に乗り込んで、発車するのを待っているとイベントがはじまったよ。

知らないおじいちゃんが相席してきたの。

グレンのキーエンブレム

おじいちゃんは、目の前で、おいしそうなお弁当を食べはじめました。

ぷくねがうらやましそうに見ていると、突然話しかけてきたの。

「・・・ときにおぬし、エンブレムはいくつ集めたんじゃ?」

「まだいっこだよ。」

「・・・すくないのう。」

失礼なおじいちゃんだと思ったけど、怒るのも大人げないので許してあげました。

キーエンブレムが集まったらまた会おうと、どこかに去っていったよ。

 グレン城

グレンのキーエンブレム

グレン城下町に到着したけど、初めての町なので、どこに行けばいいのかわかりません。

仲間のえっさん(エッポン)やポッテチにも聞いたけど、田舎者なのでオロオロしています。

目の前の階段を登っていくと、突然イベントがはじまったよ。

グレンと隣国のガートラント戦争になるらしく、お城で兵士を募っているみたい。

グレンのキーエンブレム

戦争になると聞いて血が騒いだぷくねは、兵士になるべくお城に向かうことに決めたよ。

後先を考えず、まっしぐらにグレン城の王様の元に向かって走り出します。

グレンのキーエンブレム

とりあえずお城に入って、玉座の間の警備兵のおじさんに話しかけてみました。

すると、兵士になって大活躍したら、キーエンブレムがもらえるみたい。

血気盛んなぷくねは、大喜びで「兵士になる!」と即答したよ。

そのまま扉に駆け込むとイベントがはじまりました。

グレンのキーエンブレム

玉座の間では、王様が怒りぎみで、賢者のおじいさんを怒鳴りつけていました。

なんだか、機嫌が悪そうだったので、ぷくねは少しおそろしくなりました。

おじいさんに向かって「邪悪なにおいがする!」と言いがかりをつけてるみたい。

いくら邪悪なにおいでも、体臭だから仕方ないよとぷくねは思いました。

グレンのキーエンブレム

「そのジジイを牢に放り込め!」

体臭がキツイという理由だけで、おじいさんは刑務所に送られてしまいました。

プクレット村ではお世話になったので、ぷくねはかわいそうだなと思いました。

グレンのキーエンブレム

でも、知り合いとバレて巻き込まれるのは嫌なので、他人のふりをしました。

グレンのキーエンブレム

おじいちゃんは、他人のふりをするぷくねをチラ見して、そのまま連行されました。

さあ!気を取り直して・・・!

つぎは、いよいよぷくねの面接の番です!

おじいちゃんは、兵士の面接に落ちたようですが、反面教師にして頑張ることにするよ。

グレンのキーエンブレム

ぷくねは成績に自信はないけど、笑顔は得意なので、面接のたぐいは得意中の得意です。

精一杯の営業スマイルで面接にいどむよ。

グレンのキーエンブレム

最終学歴、職務経歴、自己PR、御社を選んだ理由など、アピールをはじめると・・・

いきなり、王様が怒鳴りはじめました。

「我が社に災いをもたらさんとする者め!!」

グレンのキーエンブレム

どうやら、気のゆるみで、最後のお礼のひと言を言い忘れたのが敗因です。

『本日はお忙しい中ありがとうございました』を忘れてしまい、怒らせてしまったのです。

「こいつもさっきのジジイと同じだ!」

賢者のおじいさんと同じ理由で牢に放り込まれるみたい。

同じ理由ということは、体臭がきついということ・・・。

そういえばムービーをよく見てると、王様はときどき鼻をひくひくさせています。

面接前に、しっかりシャワーを浴びておけばよかったと、ぷくねは悔しさで歯ぎしりしたよ。

グレンのキーエンブレム

とうとう、ぷくねも入獄してしまいました。

牢の前で兵士さんが油断していたので、後ろから噛みついて逃げようと考えました。

でも、失敗したらこわいので、素直にに入ることにするよ。

グレンのキーエンブレム

牢の中では、賢者のおじいさんがいて、ぷくねを睨みつけました。

さっき他人のふりをしたので、ものすごく気まずいとぷくねは思ったよ。

しばらくすると兵士長が現れて、国を救ってほしいとおじいさんに懇願しています。

すると・・・!

グレンのキーエンブレム

「救うならこの者の方がよさそうじゃ。」

「なんでやねん。」

面接で暴言をはかれ、に入れられ、王様を救うために命をかけろと言うのです。

ドラクエでよくある『はい』と『いいえ』の2択が出てきました。

ぷくねは、必死で『いいえ』を選び続けました。

なんど断っても無限ループで先に進めないので、ぷくねはしぶしぶ了承したよ。

仕方なく引き受けると、やっとのことで出所できました。

つぎは、賢者エイドスのおじいさんが宿泊している、町の宿屋に向かうことになったよ。

グレンのキーエンブレム

宿屋の奥の部屋にいくと、イベントがはじまりました。

牢に入れられた原因は体臭が原因ではなく、聖なるチカラに嫌悪感を抱いていたみたい。

ぷくねは、それを聞いてホッとしました。

グレンのキーエンブレム

そして、単刀直入に王様を救う方法を説明されました。

ベコンの渓谷の奥で、レムルの聖杯というものを取ってこいと言われたの。

とても危険な場所みたいなので、嫌々準備を整えてから向かうことにしたよ。

 ベコン渓谷

グレンのキーエンブレム

ベコン渓谷は、グレン城下町の西門から出て、グレン領西を経由して行けます。

道中のサボテンにあるキラキラは、しっかり拾った方がいいかも?

ビッグサボテンが落ちてると、バザーで高く売れるんだよ。

しっかり者のぷくねは、コツコツとゴールドを貯めてるの。

グレンのキーエンブレム

ベコン渓谷の奥に着くと、妖剣士の塚というのがあるよ。

そこにレムルの聖杯が眠っているみたい。

ぷくねたちは、意を決して中に入っていきました。

 妖剣士オーレン

グレンのキーエンブレム

中に入ると、有無を言わさず戦いがはじまりました。

さあ!ボス戦です!

グレンのキーエンブレム

前回のザイガス戦では、弱いモードで勝てたの。

だから、今回はなんと・・・!

ふつうモードを選んじゃうよ!

もし勝てたら経験値がほしいので、次回からは強いモードを選ぼうと思う。

グレンのキーエンブレム

ボス戦がはじまると、まずは手下のがいこつが襲いかかってきました。

ジュレバイキルトをかけるのと同時に、ぷくねは敵をみやぶる!

モンスター図鑑をうめて、すべての敵をみやぶるのは、ぷくねのひそかな野望なの。

グレンのキーエンブレム

バイキルトがかかったぷくねは、戦闘兵器となり、手下のがいこつを粉みじんにします。

ポッテチとえっさんは臆病風に吹かれて、あまり前には出てきません。

あとで減給しようと思う。

グレンのキーエンブレム

手下のがいこつを粉砕すると、とうとう大御所のオーレンが動き出しました。

相手がどんな大御所でも、ぷくねは遠慮しません。

容赦なく、みやぶっていくよ。

グレンのキーエンブレム

ポッテチが減給を恐れて、果敢にメラミを撃ちはじめました。

今さら遅いので、もう何をしても減給の結果は変わりません。

グレンのキーエンブレム

そうこうしてるうちに、いきなりジュレが巨大化!

キングスタンプでとどめをさしちゃった。

いつもかわいがっている相方だけど、こんなおそろしい技をもっていたとは・・・。

ぷくねは、なんだか相方のスライムがおそろしくなったよ。

グレンのキーエンブレム

ぷくねはレムルの聖杯を手に入れた!

やったー!

いそいで賢者のおじいさんのところに持っていくよ。

グレンのキーエンブレム

グレン城下町の宿屋に戻って、おじいさんの宿泊部屋に行くとイベントがはじまりました。

おじいさんは不在らしく、オーガのお姉さんから伝言を聞きます。

グレンのキーエンブレム

お姉さんは、なぜか脇の下から手紙を取り出しました。

脇に四次元ポケットでもついてるのかな?とぷくねはうらやましくなったよ。

グレンのキーエンブレム

「次は聖杯を持ってランドン山脈の南東の雲上湖に行くんじゃ。」

「恐ろしい竜がいるから気をつけてな。」

つぎの指令は、雲上湖『グロリスのしずく』を聖杯に入れてこいとのことです。

またもや命がけの依頼です。

人使いが荒いおじいさんに、ぷくねは辟易(へきえき)したよ。

グレンのキーエンブレム

ミオナさんは、王を治そうとする賢者のおじいさんのことが好きみたいです。

王を治すため頑張ってるのは、ぷくねだってことを、念のため説明しておきました。

つぎは、雲上湖を目指すことにするよ。

 ゲルト海峡  橋上の宿

グレンのキーエンブレム

ゲルト海峡は、グレン領東を通っていけます。

慎重派のぷくねは、念のためルーラストーンの登録をしておいたよ。

マップ(D-5地点)に不良みたいな女の子が立ってたの。

ぷくねは、こわいので、目が合わないようにその場を離れたよ。

222.紅き落日の誓い

雲上湖は、ランドン山脈の方なので、南東の方角に進みます。

ぷくねは、間違えてランドンフットの方に進んじゃったから間違えないようにね。

 ランドン山脈

グレンのキーエンブレム

ランドン山脈に入ると、そこは一面の雪景色だったよ。

東の方(マップG-6地点)に向かうと、目的の場所の雲上湖にたどり着けるよ。

 雲上湖

グレンのキーエンブレム

雲上湖に到着すると、イベントがはじまりました。

氷の中にグロリスの木らしいものが見えています。

ここを掘り返すのは、重労働だなぁと考えてたら、何やら不穏な気配がただよってきたよ。

 水竜ギルギッシュ

グレンのキーエンブレム

不穏な気配があたりを埋め尽くすと、いきなり雲の中から巨大な竜が姿を現しました。

グレンのキーエンブレム

そして、何も悪いことはしていないぷくねたちを威嚇してきました。

争いは好まないけど、降りかかる火の粉は払わねばなりません!

さあ!ボス戦のはじまりです。

グレンのキーエンブレム

今回は強いモードを選択します。

経験値が2.0倍にアップ!これなら命を賭ける価値があります!

グレンのキーエンブレム

ああああああっ!

ポッテチのMPを回復し忘れちゃった!

でも、どうせ今回もさぼりそうだから、見なかったことにするよ。

グレンのキーエンブレム

まずは、なんと言ってもみやぶりです。

メインストーリーのボスなので、みやぶり不要って噂もあるけど、気にしません。

容赦なく、みやぶっていくよ。

グレンのキーエンブレム

前回、減給したのが効いたのか、MPがないポッテチが、メラを連発しています。

グレンのキーエンブレム

ふざけた攻撃をしたせいか、怒りを買って反撃されて大ダメージです。

グレンのキーエンブレム

ポッテチの心配している余裕はないので、ぷくねは得意のはやぶさ斬りで攻撃します。

グレンのキーエンブレム

ひええええ!

ついにギルギッシュが、ぷくねに怒りました!

グレンのキーエンブレム

ギルギッシュは、必殺のフリーズドロップの体勢に入りました!

さあ!ここが今回のぷくねのハイライトです!

仲間に被害が出ないよう、駆け足で仲間のいない方向に走ったよ。

グレンのキーエンブレム

そして、仲間に被害が出ることもなく、ぷくねだけでくらいました。

もし判断が遅れていたら、ポッテチとえっさんは帰らぬ人となっていたことでしょう。

グレンのキーエンブレム

怒りがおさまらないギルギッシュが、つぎはヒャダルコの体勢に入りました。

またもや、みんなを守るため、華麗に仲間から遠ざかっていきます。

グレンのキーエンブレム

順調に被害を防ぎつつ、ダメージを与えていきます。

ギルギッシュはだいぶ弱り、そろそろぷくねの必殺剣でとどめをさそうと思った刹那・・・!

グレンのキーエンブレム

またもやジュレが巨大化!

オーレンの時と同じ、キングスタンプでとどめをさしちゃった・・・。

グレンのキーエンブレム

戦闘が終わるとイベントがはじまり、氷に埋まっていたグロリスの木が芽生えました。

氷を掘り返すという重労働がなくて、ホッとひと安心。

グレンのキーエンブレム

グロリスの木を見上げていると、花のようなものが降ってきました。

グレンのキーエンブレム

やったー!

さあ、王様を救うためにグレン城の玉座の間に届けにいくよ!

 グレン城の玉座

グレンのキーエンブレム

玉座に着くと、さっそく兵士長のおじさんが、聖杯を渡すよう言ってきました。

王様が寝てる間に、こっそりとグロリアのしずくを口に流し込む作戦みたい。

グレンのキーエンブレム

王様がぐったりしている隙に、こっそりと3人組が近づいていきます。

だるまさんがころんだを見てるみたいで、ぷくねは少しわくわくしながら見てたよ。

グレンのキーエンブレム

王様までもう少しのあたりで、3人組がアイコンタクトをしています。

飛びかかった拍子に、聖杯から聖水がこぼれてしまわないか、ぷくねは心配になったよ。

グレンのキーエンブレム

そうこうしてるうちに、王様が3人組に気づいてしまいました。

通常のだるまさんがころんだなら、ここで終わりです。

グレンのキーエンブレム

ずるい3人組は、見つかってしまったのに、王様に飛び掛かりました。

大人はやっぱりずるいとぷくねは思いました。

グレンのキーエンブレム

案の定で、王様の逆鱗に触れて、ずるをした兵士が返り討ちにあいました。

画像下にぷくねが見えていますが、仲間と思われるのが嫌なので、目をふせています。

グレンのキーエンブレム

結局ズル3人組は、数の暴力で王様を抑え込み、聖水を王様に無理やり飲ませました。

グレンのキーエンブレム

すると、王様はまるで整形でもしたかのごとく、人相が変わり正気をとり戻しました。

グレンのキーエンブレム

正気をとり戻して、間髪をいれず、ぷくねを売り込んでもらいました。

もちろん、命をはった対価として、ご褒美をもらうためです。

グレンのキーエンブレム

「頭痛を治した程度でエンブレムを与えてよいものか?」

これを聞いた時、さすがに温厚なぷくねの怒りも頂点に達しました。

さあ、いよいよ王様に引導を渡してやろうと近づこうとしたその時・・・!

グレンのキーエンブレム

横にいた小太りのおじさんが、何やら耳元でゴニョゴニョ言いました。

グレンのキーエンブレム

すると、王様の態度は手のひらを返したように変わり、ご褒美をもらえました。

やったー!

これで、グレンの町のメインストーリーは終了です!

次は、みっつめのキーエンブレムを目指すぞ~!

ランキングの応援よろしくお願いします!

ツイートする

Twitterをフォローする

トップへ戻る