アルバイトの話2

この記事はフィクションです。株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

グランゼドーラの城下町

前回の話を読み直す場合は下記リンクへ

アルバイトの話1を読み直す

前回、サーカスに出演する動物を探して、ぷくみ達は馬車に乗って旅に出ました。

太ったぷくみのせいで積載物重量制限超過でしたが、なんとか町に到着したのです。

ティルツキンと別れるぷくみ

ティルツキン『あたしはここで待ってますから、どうぞ行ってきて下さい。』

ぷくみ『どうもありがとう~!』

ぷくみ『お馬さんにお水あげてね~!』

遠方まで馬車を引いてくれたお馬さんが、まるでぷくみのように息切れしていて心配です。

ティルツキンとお別れしたぷくみ達は、グランゼドーラ城下町に入りました。

グランゼドーラの城下町に入るぷくみ

ドスッ・・・ドスッ・・・(足音)

ダイエットとリバウンドを繰り返し、重力を増したぷくみは、今日も豪快に町を歩きます。

ぷくみ『ずいぶん遠かったね~!』

ラッキー『さっきの馬、大丈夫かな。』

ラッキー『足が痛いって言ってたよ。』

ぷくみ『ラッキー、お馬さんと話せるの~?』

ラッキー『どんな動物とも話せるよ。』

ぷくみ『いいな~、うらやましい~!』

どうやらラッキーは、どんな動物ともお話できるふしぎな能力を持っているみたいです。

動物とお話したいと、常日頃思っていたぷくみは、心底うらやましいと思いました。

グランゼドーラを歩くぷくみ

キョロキョロ・・・(あたりを見回すぷくみ)

ぷくみ『人がいっぱいで、さすが都会だね~!』

ラッキー『でも、人は多いけど動物はいないよね。』

ぷくみ『どこかに隠れてるのかな~?』

ラッキー『裏通りとかも見て回ったら?』

ぷくみ『そうだね~、そうしよ~!』

にぎやかな都会の喧騒は、動物にとって住みにくい環境なのかもしれません。

ぷくみ達はひと気が少ない、裏通りを探してみることにしました。

 裏通りで・・・

路地裏で犬を発見するぷくみ

ぷくみ『あ~!あそこに犬がいるよ~!』

ラッキー『声かけてみようか?』

ぷくみ『うん~、話しかけてみて~!』

裏通りに入ると、片隅で眠そうにしている犬を発見しました。

さっそく、動物と話せる能力をもっているラッキーに、通訳してもらうことにします。

ぐったり座り込む犬とぷくみ

ラッキー『ここで何してるの?』

『くーん・・・くーん・・・。』

ラッキー『・・・・なるほど。』

ラッキーは、得意のコミュニケーション能力で、犬に話しかけました。

動物と話すラッキーを、ぷくみはうらやましそうに眺めます。

話し合うぷくみとラッキー

ラッキー『歳をとり老犬になったから、ご主人様に捨てられたんだって。』

ぷくみ『ええ~っ!ひどい~!』

ラッキー『生きる希望もなくして、3日前から何も食べてないらしい。』

ラッキー『飼い主に裏切られて、人間不信になっちゃったのかもね。』

ぷくみ『ゆるせない~!』

老犬になって捨てられた犬は、空腹で動けないみたいです。

ぷくみのお腹のお肉を少し分けてあげたくなりましたが、それはさすがにできません。

しかたなく、懐に隠し持っていた秘蔵のクイックケーキをあげることにしました。

犬にクイックケーキをあげるぷくみ

ぷくみ『これ食べて~!元気が出るよ~!』

『くーん・・・むしゃむしゃ・・・。』

お腹が減っていた犬は、あっという間にクイックケーキをたいらげました。

さすがクイックケーキは偉大です。元気をとり戻した犬は、ラッキーに話しかけてきました。

元気になった犬とぷくみ

『ワンワンッ・・・!』

ラッキー『・・・うんうん。なるほど。』

元気になった犬は、尻尾をふりながらラッキーに話しかけます。

クイックケーキはとっておきでしたが、元気になったので後悔は・・・していません・・・。

サーカスについて相談するぷくみとラッキー

ラッキー『おいしいケーキをありがとうだって。』

ラッキー『捨てられて行くあてもないし、連れていって欲しいってさ。』

ぷくみ『そうなんだ~!』

ぷくみ『サーカスのお手伝いしてくれるかな~?』

ラッキー『聞いてみる。』

『・・・ワンワンッ!』

ラッキー『もっと働きたいし、みんなの役にも立ちたい。お手伝いしたいだって。』

ぷくみ『わぁ~、よろしくね~!』

犬が仲間に加わった

ワンワンッ!(犬の鳴き声)

年老いた犬が仲間に加わりました。

その後もひと通りグランゼドーラ城下町を見て回りましたが、他に動物は見当たりません。

馬車に戻って、つぎの行き先を考えることにしました。

 ティルツキンの馬車

馬車に戻ってきたぷくみたち

ぷくみ『ただいま~!』

ティルツキン『おかえりなさい。』

犬を仲間に加えたぷくみは、馬車に戻ってきました。

城外で待っていてくれたティルツキンは、笑顔で出迎えてくれました。

つぎはどこに行こうか相談するぷくみ

ぷくみ『つぎはどこ行こう~?』

ラッキー『動物がいそうなところだね。』

ぷくみ『う~ん・・・。』

ぷくみ達が途方にくれていると、見かねたティルツキンが声をかけてきました。

ティルツキン『おや・・・?何かお困りですか?』

ぷくみ『うん、じつはね~・・・』

ぷくみは、ナブナブ大サーカス団のアルバイトの話など、一部始終を説明しました。

ぷくみに話しかけるティルツキン

ティルツキン『・・・なるほど、事情はわかりました。』

ティルツキン『では、メルサンディの村に行ってみてはどうでしょう?』

ぷくみ『そこに動物がいるの~?』

語るティルツキン

ティルツキン『これは、商人仲間からの噂で聞いた話なんですが・・・。』

ティルツキン『鳥の保護活動で有名な方が、メルサンディにいるみたいですよ。』

ぷくみ『鳥~?』

ティルツキン『詳しいことはわからないのですが、行ってみる価値はあるかと・・・。』

ラッキー『農村だし、動物はたくさんいるかもね。』

ぷくみ『よ~し、つぎはメルサンディの村に行こう~!』

ぷくみ『お馬さん、もう少しだけ頑張ってね~!』

足腰が弱ったお馬さんにはきつい長旅ですが、もう少しだけ頑張ってもらいます。

メルサンディに向かうぷくみと馬車

有益な情報を聞いたぷくみ達は、メルサンディの村に向かって旅立ちました。

レンダーシアの青い空を眺めながら、新たな出会いに心躍らせるぷくみでした。

アルバイトの話3を読む

※アンケートはお一人様1回まで有効です。


1日1ポチっと応援よろしくお願いしま~す!
(やる気がぐんぐんみなぎるよ~!)

ツイートする

Twitterをフォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ぷくみちゃん可愛い!

    ブログの記事凝ってるから、
    更新大変そう・・でもすごく楽しんで読んでるよー!

    ありがとねー!

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      いつも楽しんでくれてうれしいよ~(#^o^#)
      これからも頑張って更新するから待っててね~( ..)φ

  2. まめ より:

    更新お疲れ様です!
    復旧して良かったです!
    …ぷくみちゃんまた少し大きくなりました?
    これから桃太郎みたいに動物が増えて行くのかな?
    楽しみにしてます♪

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      ダイエットしてるのに大きくなってるみたい~(;’∀’)
      育ち盛りだからかなぁ~?(*´ω`*)
      動物探しの旅は続くよ~!楽しみに待っててね~( ・ㅂ・)ノ

  3. ライラ より:

    ぷくみちゃん全然痩せないから
    そろそろぷくみちゃんの膝が心配。
    足腰は膝から弱るらしいよ~

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      そういえば最近ひざから変な音がするの~!
      太っちゃったからだったんだね~(;’∀’)
      急いでやせないと~!

  4. まよねーず より:

    ぷくみの冒険、面白い!
    絵本のようなストーリー展開がいいですね~

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      絵本みたいに楽しめる冒険を続けるよ~(*´ω`*)
      これからも応援よろしくね~!

トップへ戻る