アルバイトの話1

この記事はフィクションです。株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

ナブレット団長から電話

寝ながらマンガを読むぷくみ

ピロロロ・・・ピロロロ・・・♪(電話の呼び出し音)

ある日の昼下がり、ぷくみのお家に一本の電話が鳴り響きました。

大好きな『ゆうべはお楽しみでしたね』夢中でしたが、電話に出てみることにしました。

電話に出るぷくみ

ガチャッ・・・(電話にでる音)

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

ガチャッ!ツー・・・ツー・・・(電話が切れる音)

電話はオルフェアの町長でもあるナブレット団長からです。

仕事があるらしく、ナブナブ大サーカス団のサーカステントまで来いとのことでした。

ウキウキするぷくみ

ぷくみ『どんなお仕事かな~?』

ラッキー『仕事きまりそうでよかったね。』

働き口がなくて、毎日ぐうたらしていたぷくみは、仕事と聞いて目を輝かせました。

働けば、ダイエットにもなるかもしれないので、願ったり叶ったりです。

サーカステントは、オルフェアの町の中央にあります。

お出かけ用の服に着替えたぷくみは、サーカステントに向かうことにしました。

サーカステントに向かうぷくみ

ドスッ・・・ドスッ・・・(足音)

ぷくみ『いいお仕事だとうれしいな~!』

ラッキー『1日で辞めないようにがんばってね。』

前回より、さらに体重増加に成功したぷくみの足取りは、まるで重戦車のようです。

砂ぼこりを舞い上げ、美しく舗装された広場を破壊しながら、テントへと向かいます。

 サーカステント

息切れするぷくみ

フー・・・フー・・・フー・・・(息切れ)

ぷくみ『や、やっとついた~!』

ラッキー『大丈夫?こんなんで働けるのかな。』

住宅村からサーカステントまでの距離が、ぷくみには無限の距離に感じられました。

まるで、アストルティアラリーを徒歩で完走したかのような疲労感です。

ぷくみは、まず扉の前で大きく息を吸い込んで、深呼吸をしました。

太っていても活動的に見えるように、しっかりと呼吸を整えてから中に入ることにします。

ナブレット団長と話すぷくみ

ぷくみ『こんにちは~!』

ナブレット『よう、ぷくみ!来てくれたか!』

中に入ると、なんだか団員たちの様子がおかしいです。

いつもの明るい楽屋の雰囲気とは違い、なんだか重苦しい感じです。

とりあえず、団長から話を聞いてみることにしました。

アルバイトの話をするナブレット団長

ナブレット『じつはな、ちょっと困ったことになってな。』

ぷくみ『どうしたの~?』

ナブレット『あ、その前に。ぷくみ、お前太ったなぁ!』

ぷくみ『いまダイエット中だよ~!』

ナブレット『そうか!まあそれはいいんだがな!』

ナブレット『じつはな、新しく演目で動物ショーを練習してたんだがな。』

ナブレット『厳しい訓練をしすぎたせいか、動物がすべて逃げてしまったんだ。』

ぷくみ『ええ~!みんないなくなったの~?』

ナブレット『そうなんだよ!根性ないよなあ。』

過酷な訓練に耐えきれず、動物ショーの動物たちが脱走してしまったみたいです。

まさか動物虐待をしてるのではないかと、ぷくみは疑いの目で団長を見つめました。

疑いの目で見るぷくみ

じとーー。(疑いの目)

ナブレット『それで、ひとつ頼まれ事をしてくれねえか?』

ぷくみ『な、なに~?』

動物好きのぷくみは、虐待容疑のかかった団長の頼みなので、一瞬たじろぎました。

でも、子供好きの団長が虐待なんてするはずもなく、さらに話を聞くことにしました。

アルバイトの依頼をするナブレット団長

ナブレット『動物ショーは前から告知してるから、今さら中止はできねえ!』

ナブレット『そこで、ショーに使えそうな動物たちを連れてきてくれねえか?』

脱走した動物たちのかわりになる動物を、探してきて欲しいと依頼されました。

お金がなく、月末の光熱費の支払いが近いぷくみは、仕事を引き受けることにしました。

アルバイトを引き受けるぷくみ

どんっ!!(胸をたたく音)

ぷくみ『よ~し!まかせて~!』

ナブレット『おお!引き受けてくれるか!?すまねえな!』

ぷくみ『泥船に乗ったつもりで待ってて~!』

ラッキー『それを言うなら大船だね。』

ナブレット『給料ははずむからな!』

ナブレット『公演の日は近いから急ぎで頼むぜ!』

ぷくみ『おっけ~!』

ナブレット団長からのアルバイトを引き受けたぷくみは、楽屋を後にしました。

まずは、動物のキャストを探すためにどこに向かうか、作戦を立てることにします。

考えるぷくみ1

ぷくみ『さ~て、どうしようか~?』

ラッキー『考えなしで引き受けたの?』

ぷくみ『せっかくのお仕事だし~!』

ラッキー『動物がいそうなところ探すしかないよね。』

ぷくみ『動物がたくさんいるところ~?』

熟考を試みたぷくみですが、動物を探すあてが思いつきません。

いきおいで引き受けてしまったぷくみは、だんだんと後悔の念に駆られてきました。

考えるぷくみ2

ぷくみ『う~ん・・・どうしよう~?』

ラッキー『とりあえず人がたくさんいそうな場所に行ってみたら?』

ぷくみ『たとえば~?』

ラッキー『グランゼドーラとかいいんじゃない?』

ぷくみ『おお~!それだ~!さすがラッキー!』

ラッキーのナイスアイデアに感心したぷくみは、さっそく作戦を開始しました。

町の東から馬車に乗って、グランゼドーラ城下町へ向かうことにします。

 オルフェアの町の東門

東門から外に出ると、馬車の前に、ティルツキンのおじさんがいました。

初期ストーリーのプクレットの村で、お世話になったあの人です。

ティルツキン

DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*へ

ティルツキンと話すぷくみ

ぷくみ『おじさん、こんにちは~!』

ティルツキン『やあ、ぷくみちゃん、こんにちは。』

ぷくみ『じつはね~、ちょっと乗せていってほしいの~!』

ティルツキン『あたしでよければ。』

ぷくみ『グランゼドーラ城下町まで連れていって~!』

ティルツキン『そ、そんなに遠くまで!?』

ぷくみ『無理~?』

いつもなら、どこへでも連れていってくれる馬車のはずですが、なぜか困った顔です。

ぷくみの体型を見て、運賃を値上げするんじゃないかと、不安になりました。

ティルツキン

ティルツキン『じつはですね・・・』

ティルツキン『最近、あたしの馬の調子が悪くてですね・・・』

ぷくみ『お馬さん、病気なの~?』

ティルツキン『あたしの馬もだいぶ老馬だから、足腰にガタがきてましてね。』

ぷくみ『そうなの~?じゃあ、あんまり遠いとお馬さん疲れちゃうね~。』

ティルツキン『そうですね、遠方だと不安だけど・・・』

ティルツキン『・・・まあ、大丈夫ですよ。では参りましょうか。』

ぷくみ『ほんと~?どうもありがとう~!』

馬車をひいてくれるお馬さんが、だいぶお年寄りらしいです。

遠方と聞いたティルツキンさんは、一瞬困惑しましたが、乗せてくれることになりました。

ぷくみは太ってしまったので、お馬さんの負担にならないかなと、少し心配になりました。

馬車はゆっくりとグランゼドーラ城下町に向かって歩き出しました。

アルバイトの話2を読む

※アンケートはお一人様1回まで有効です。


1日1ポチっと応援よろしくお願いしま~す!
(やる気がぐんぐんみなぎるよ~!)

ツイートする

Twitterをフォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. まめ より:

    更新お疲れ様です!
    …ぷくみちゃん、大きくなりましたね!
    色々ツッコミをしたい所ですが(笑)
    お仕事、ダイエット頑張って!

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      食欲の秋だから立派になったよ~(‘∀’)
      クイックケーキは1日に3個までにしてダイエットがんばるぞ~!

  2. 匿名 より:

    オルフェアからグランゼドーラだと海を渡らないと行けないんじゃないか…

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      ホントだ~!どうやって行くんだろうね~!?
      きっとお馬さんが空飛んでいくんだよ~(๑•̀ㅁ•́๑)

  3. ラリオス より:

    にじゅうあごが、やっぱりかわいいー

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      ほんと~?
      新しい職業で力士が来たら大活躍できるかも~( ✧Д✧)

  4. まよねーず より:

    ぷくみ最高!
    今回も可愛かった

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      ほんと~?
      ダイエットしようか悩んじゃう~(;’∀’)

  5. サマナ より:

    グランゼまで動物を探しに行くより
    もうぷくみが芸をおぼえた方が
    はやくなくなくない~?

    • ぷくみ より:

      コメントありがとう~!
      おお~!ナイスアイデア~Σ(‘∀’)
      でもぷくみ、頭悪いから動物のほうが先に芸覚えちゃうかも~

トップへ戻る